Loading

BLOG

昨日の自分を超えて行け

当社が外構工事の仕事を始めて今年で6年目になるのですが施工例がいつの間にか100件を軽く超える件数にまで増えて、ホームページの施工例ページに収まりきらなくなってきました。そんなワケで新たにギャラリーサイトを立ち上げて自慢の施工例をもっと見やすく作り直しています。

それこそまったくゼロからのスタートだったから、そもそも最初にホームページを作った初期のころは施工例なんて1件も無かったんです。要するにホームページには施工例の紹介ページなんぞ存在していなかったんです。それから1年経ったくらいだったか、10件ほどの施工例が溜まった段階でやっとこさ施工例ページを開設したんです。その時は嬉しかったですねぇ。たった10件ですけど一生懸命にカッコ良く造った10件だったからとっても誇らしくて、しかもその施工例を見てくれたお客様から多くのお問い合わせを頂戴したおかげで今のエクスリーフがあるワケです。

そういう事で今は施工例を紹介するサイトを作り直すために過去の物件を描き起こしている真っ最中なんですけど、こうして改めて振り返って見てみると、すごく成長しているのが見て取れるんです。一軒一軒を比べても違いはあまりわからない差でも、一年ごとにまとめて見ていくと明らかに進化が見えてくるのです。継続は力なりとは正にこの事を言うでしょう。昨日よりも今日、今日よりも明日。気が付かないうちに、ちょっとずつでも一日一日成長しているんです。これこそが働くことで得られる喜びなんです。

会社の信用力とは、それすなわち継続年数です。いわゆる創業〇〇年ってヤツね。でも、それってうちみたいに新しい事に挑戦した企業はゼロでしょ!うちに限らず誰だって最初はゼロなんですよ。だからエクスリーフを信用して下さいっていくら言ってもダメなんです。じゃあどうするか?! それは相手に信頼してもらう事です。つまり、数多くの知識や技術を得て頼られる存在であること。この会社に、この人に相談してみるのが良いかも?!って、この会社に任せてみようか?!って思って頂くこと。

でも、それは簡単なことでは無いんです。だってさ出来ればみんなラクして生きたいでしょ。勉強したり練習したりするくらいなら早く帰ってのんびりとしたいでしょ。同じ作業をするにしても、ある職人さんはちゃっちゃと終わらせて早く上がってくるけど、仕上がりが雑で結局は後から手直しが必要になる人もいれば、真っ暗になってもなかなか帰ってこないで心配になって見に行ったら仕上がりに納得がいかなくて何度もやり直している人もいる。

この差はとても大きい。

苦しくても辛くても妥協せずに自分と向き合い、そして己に打ち勝つ。そうすれば昨日出来なかったことが今日は出来るようになる、たとえ今日は無理でも一年後には出来るようになる。苦労すればするだけ出来たときの嬉しさはハンパない。そんな自ら成長することの喜びは計り知れない。しかもそれがカタチになって、出来上がったモノを誰かに喜んでもらえる事もまたこの上ない幸せなのだ。

自分と戦え!そして昨日の自分を超えて行け!

 

変化を楽しむ生き方

仕事と遊びを区別する必要は無い

関連記事

  1. 条件だけを見て応募する人たち

    2018.12.20
PAGE TOP