Loading

代表者あいさつ

はじめまして、株式会社エクスリーフ代表取締役の富山真行です。
当社の求人に興味を持ってくれてありがとうございます。
「代表者あいさつ」というと、ありきたりな言葉が並べられているだけで、実際にどんな人物なのかが見えないと思う方も多いでしょう。
なのでぼくを知って頂くために、ここでは本音を書き綴りたいと思います。

どんな会社なのか?

エクスリーフは個人住宅の門や塀、カーポートなどの外構工事をデザインしたり造ったりしている会社です。例えば、こちらの洋風な外構モダン外構を見てください。あなたはこの施工例を見て、何を感じましたか?住宅の外構は使い勝手の良さもさる事ながら、そのデザイン性や上質感といった付加価値や壊れにくい品質も非常に大切な要素なんです。ぼくはそうした住宅の価値を向上させる外構のデザインを日々創り続けて、お客様の暮らしを豊かに、ひいては地域の町並み形成のお手伝いをしているわけです。

外構は造って終わりではない

ぼくたちは美しくて使い易い、そして壊れにくい外構を造るチームです。それはつまりお客様の暮らしをデザインする会社とも言えます。でもそれは一度造って「はい終わり」ではありません。ご予算の都合上で諦めた仕様や設備、あるいは生活環境の変化に応じて新たに必要となる機能もあるでしょう。そのような仕事を継続してご依頼して頂ける会社、それはつまりお客様に必要とされて永く寄り添うことができる会社であると言うこと。うわべだけのキレイさでは成し得ない上質なものづくりを追及する事に他なりません。それはプランナーでも、職人であってもです。それによって得た知識やスキルはどの会社や業界に行っても必ずや自分の強みとなりますし、いざ自分が起業した時にもその真価を発揮するでしょう。エクスリーフで働くことで、自分の力で生きていくための幅広いスキルを学ぶことが出来るワケです。

月給制と成果報酬による働き方改革

ここで大事な話しをしましょう。この業界では日給月給制が当たり前にはびこっています。月給日給制などと言った月ぎめの手当さえ支給されない賃金制度を採用している会社も存在します。もっとひどい場合は雇用保険や健康保険といった社会保険制度すら加入されていない場合もあるようです。ぼくはいかなる雇用形態であろうと単なる作業員にはなって欲しくありません。一緒に働く仲間には誇りとプライドを持った職人になって欲しいと願っています。上からの指示でしか働けない作業員ではなく、自らの意思で考えて行動する独立した職人であってほしいと願っています。ぼくは誰かに管理されるのが嫌で独立しました。だから管理も極力したくはありません。各々が独立した精神で協力しあう。そういうチームを本気で目指しています。そういう働き方に見合った制度として完全月給制を取り入れています。仕事を頑張ったせいで体調を崩してしまう事もあるでしょう。家庭の事情でお休みする場合もあるでしょう。それも踏まえたうえで自己管理してほしくて有給休暇も用意しています。自己管理が出来る人間は休んだ分を取り返すべく努力もするし、工夫もするでしょう。そしてその努力にはぼくも最大限に協力を惜しみません。そして何よりも会社として得られた利益は成果報酬(ボーナス)として一緒に働く人に還元しています。

奴隷になるな!

弊社のような雇用形態は世間一般ではごく当たり前ですが、残念ながら建築業界ではまだまだ浸透していません。原因は職人を軽視しているからに他なりません。宣伝用に”職人の技”とか”匠の技”とかって祭り上げていますが実際は単なる作業員としてしか捉えていないからです。仕事をサボらせないように「管理する」ことを前提としているため休んだらその分の給料は出ないぞ、と言わんがための仕組みです。誰かに管理されながら指示された仕事だけを”やらされる”。これは奴隷に他なりません。自分の貴重な時間を切り売りしてお金を得る。その為には嫌なことでも我慢する。もっと良い方法があったとしても指示された事以外はやってはいけない。これを奴隷と言わずになんと呼ぶのか?!自分のアタマで考えて創意工夫のうえに完成したモノであるからこそ、自らも楽しみや幸せを感じるのであり、それよって顧客も幸せにできるのです。

自分から行動できる人だけを求む

何度も繰り返しますがぼくは管理されるのも管理するのも嫌なんです。だから自分で考えて自分で行動できる人だけを求めています。子供の勉強と同じです。親に怒られないと勉強しない子はただやらされているだけだから親が見ていないとサボるし、だから成績も上がらない。そんな調子で勉強が楽しいと思えるはずもない。でも、目標がある子や勉強の楽しさを知っている子は放っておいても没頭してやるものです。大事なのは努力の先にある充実感や幸福感を得られるか。けれどもそれは特別難しい事ではありません。大事なのは時間を忘れるくらい夢中になって没頭できるかどうかだけなのです。自分は指示された事しかできないとか、あるいは出来るだけ楽な仕事が良い、とか考えている人は当社には向いていません。もしそんな考えの人が入社しても馴染めずにすぐに辞めてしまうのでお互いに時間の無駄です。

自由とは責任ある者だけが得る

もし、あなたが自分の思うように仕事がしたいと自由を願うなら、自分自身に責任を持ってください。ぼくが言う責任とは自分が失敗したことでの責任を取れ、などという小さい責任の話しではありません。例えば、あなたのいい加減な仕事のせいで品質に問題があったり、納期を遅らせた事によって元請業者に損害を与えたとします。それによって会社として次からの仕事を全て失ってしまう事になるのです。ようするにそれによって自分の周りに生じた全ての現象を自分の事として受け止める事ができるのか、という話しです。自由を得るためにはそうしたことを自己責任として捉えなければいけないと言うことなのです。そうでなければ仕事における裁量も、それに見合った報酬を得る資格もないと言うことなのです。

当社には合わない人

これらのいずれかに該当する方は長続きしないと思うので応募はしない方が良いでしょう。

  • 上から指示されないと何もできない人
  • ラクして稼ぎたいと思う人
  • 報酬は低くても安定している方が良い人
  • 成果主義を理解できない人

当社にマッチングする人

こんな人は是非とも来て欲しいと思う

  • 自分で考えて行動できる人
  • 夢中になって時間を忘れてしまう人
  • 他人がよろこぶ姿を見て、自分も嬉しいと思える人
  • 将来独立を志している人
PAGE TOP