Loading

広く明るい玄関先にリ・ガーデン

明かりが灯った我が家、明るく広いファサード。

いつもの交差点を曲がると窓に明かりが灯った我が家が見える。
ハンドルを切りながら、さっきまで悩んでた仕事のことなど、どこかに飛んでいた。
歩道を走る自転車が通り過ぎると、目の前に薄らと明るく光るアプローチがぼくを迎えてくれる。

乱形石張りの表現を極める。

コンクリート製のインターロッキングでも本格的な石張りの世界が演出できるユニソンの「ティーナ」をアルテイエローとアルテベージュの2色を使ってコントラストを出しつつリアルな色合いでコーディネートしました。

古代ローマの石畳を表現

古代ローマのティブルティーナ街道から名付けられたユニソンの「ティーナ」。石英石の乱形石張りをリアルな色合いで表現しています。2004年の発売以来、根強い人気のおススメなインターロッキングを贅沢に敷き詰めました。

おウチの前が明るく広く

ティーナの色合いは全体的に明るめのトーンなので広く敷いてもクドさがありません。優しい色合いが玄関先を明るく開放的なフェサードに演出いたします。

快適でスタイリッシュなカーポート

住宅の南側に位置する駐車場には光を通す屋根、YKK-apの新型カーポート「エフルージュワン」を追加でご注文頂きました。
薄い屋根材が圧迫感をやわらげスタイリッシュなフォルムを演出、カーポートを設置すると重くなりがちにファサードを軽やかなイメージへと。
札幌市清田区のなかでもこのあたり一帯は雪の多い地域なので積雪150cm対応を設置しました。

サッシの色と統一することで住宅を一体感を

カーポートのお色はサッシと同色のブラウンを採用、住宅との一体感が生まれるので後付っぽさを感じる事がありません。

屋根材はポリカーボネート板のトーメイマット

屋根材はポリカーボネート板のトーメイマット色を使いました。可視光線の透過率が85%としっかりと明るさを確保しつつ、紫外線を完全カットしてくれるので車のボディにも優しいカーポートです。

PAGE TOP